最適な価格 (業務用20セット) エーワン 屋外用ラベルシール/ステッカー 【A4 全面 10枚】 ノーカット ツヤ消し 31035 シルバー

最適な価格 (業務用20セット) エーワン 屋外用ラベルシール/ステッカー 【A4 全面 10枚】 ノーカット ツヤ消し 31035 シルバー

【ご注文について】
お客様のご都合による商品のキャンセル・交換・返品・数量変更は一切承っておりません。ご注文の際は慎重にお選びの上、ご注文願います。


【納期について】

商品説明内に当店がご注文(ご入金)確認後、商品出荷までにかかる営業日数【出荷目安】を表記しています。

※土曜・日曜・祝日・年末年始等、当店休業日を含まない営業日で表記しております。商品によっては一時的なメーカー欠品等により、表記の出荷予定日より更にお時間がかかる場合がございます。また、当該商品は他店舗でも在庫を共有しておりますので、在庫更新のタイミングにより在庫切れの場合、やむを得ずキャンセルさせて頂く可能性があります。

【送料について】

こちらは『同梱区分TS1 : 1配送先690円(※沖縄県・離島への配送をご希望の場合は別途送料お見積り)』 が適用されます。

但し、大型商品の場合など、追加の配送費用がかかることが判明した場合、ご注文後に追加送料がかかる旨のご連絡をさせて頂く場合ございますので予めご了承下さい。
沖縄県・離島への配送や大型商品をご希望の場合、送料は自動計算されませんので、ご注文確認後、メールにてご連絡の上、送料の訂正を行わせて頂きます。

※『異なる同梱区分の商品』を一緒にご注文頂いた場合は、同梱が出来ません。別配送となり追加送料がかかりますので、ご注文確認後に訂正の上、メールにてご連絡させて頂きます。(送料は自動計算されません。出荷は保留扱いとなります。)

【ご注意】

配達日はご指定頂けません。食品等の賞味期限・消費期限の残存日数のご指定は承ることが出来ません。メール便・定形外郵便等はご指定頂けません。一部商品を除きラッピング(包装)・のしがけは承ることが出来ません。配送業者のご指定不可。

■サイズ・色違い・関連商品




■A4 全面 10枚 シルバー 20セット[当ページ]






■商品内容

【ご注意事項】
・この商品は下記内容×20セットでお届けします。


■商品スペック

視認性に優れ、耐久性も高いので備品整理や資産管理に便利。
●OAシートラベル
●総厚:150μm
●ラベル厚:80μm
●規格:シルバーツヤ消 A4全面ノーカット
●1冊入数:10枚
●適応機種:カラーコピー機、モノクロコピー機、カラーレーザー、モノクロレーザー
●材質:ポリエステルフィルム+レーザー専用塗工



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 8営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。


●広告文責:株式会社プロヴィジョン(tel:092-985-3973)
MENU

有限会社と株式会社の違い

 

有限会社株式会社。名前は知っていてもその違いについてよくわからない方が多いと思います。
ここでは有限会社と株式会社についてご説明します。

 

 

有限会社とは

 

ビル街の写真

 

2006年の新会社法施行以降は、有限会社を新しく作る事が出来なくなり、新しく設立する会社はすべて「株式会社」となりました。
したがって、新会社法施行以前に設立された資本金300万以上1,000万未満の会社が「有限会社」であり、現在の正式名称は「特例有限会社となっています。

 

特例有限会社は定款変更をして、特例有限会社の解散登記と株式会社の設立登記をすれば株式会社になることもできます。
しかし、それらは登記費用もかかりますので、有限会社のままにしておくこともできます。

 

特例有限会社には取締役の任期や決算の公告義務がないなどのメリットがあります。

しかし株式会社に比べると信用性が低く、社員数や出資者が50人までと言う制限があり、会社の規模も大きくしにくいというデメリットがあります。

 

新たに株式会社を設立するよりははるかに安価に株式会社に移行できます。また、有限会社でも株式会社でも資本金によってかかる税金は同一になりました。

 

以前の有限会社と同じような性質を持つ会社形態としては「合同会社」があります。

 

合同会社は2006年の新会社法施行によって新たにできた会社形態で、株式会社よりも信用度は低いものの、出資者を社員にするなどの自由度の高い会社を作る事が出来、決算公告の義務がないなどのメリットがあります。

 

 

株式会社とは

 

2006年の新会社法施行以降に設立された会社のほとんどは「株式会社」になります。
新会社法施行以前であれば、資本金が1,000万円以上無ければ設立する事が出来ませんでしたが、現在の会社の設立には資本金が「1円」からでも可能になりました。

 

取締役の任期が限られており、決算公告の義務が課せられます。しかし、社会的な信用度が高く、将来は株式上場なども視野に入れる事が出来ます。