<ドラムにあるべきサイズ感を追及>
aDrumsでは、各楽器のサイズがもたらすフィールやビジュアルと、そこから響くサウンドとの一致性こそが、
プレーヤーの演奏表現を高めると考えます。18”のキック、13”のスネア、14”のハイハット、そして18”のライドシンバルなど魅力的なビジュアルに加え、
アコースティックドラムと同じ打感や距離感を大切にしながら、ご家庭やスタジオでも大きすぎない絶妙なサイズです。

またキックやフロアタムには十分なデプスを持たせることによって、aD5のソリッドで重厚な低音をビジュアルとフィールで体感できます。

<アコースティックドラムに並ぶダイナミクス>
従来の電子ドラムでは、ヘッド中央を叩くと異常に大きな音が鳴ってしまうホットスポットがあるために、
あえて音源もダイナミクス(強弱)の幅を狭めて目立たせないようにすることがありました。
aDrumsではドラムやシンバルにマルチセンサーを採用することでこの打面の感度を均一化し、
ピアニッシモからフォルテッシモまで意図通りの表現が可能となりました。
アコースティックドラムのような大きなダイナミクスを自在にコントロールすることで生まれるグルーヴは、演奏者の個性を引き立たせます。

<自在なサイドスティック>
サイドスティックの演奏をもっと心地良く。木肌とラッカーペイントのコントラストが美しいサイドリムは、
新しく開発された固有振動数による検出技術にも最適なメイプル材を採用。
木の打感触とサイドスティック サウンドが見事にマッチし、優れた演奏性を発揮します。
これまでのようにサイドスティック ボタンで切り替えることなく、リムショットとサイドスティックの叩き分けができ、演奏の自由度が大きく広がります。

<精緻なペダルワーク検出>
ドラム演奏において、もっとも微細なコントロールをしているハイハット。
従来の電子ハイハットでは接触式センサが多く用いられ、その検出精度や追従性に限界がありました。
aDrumsのハイハットは、非接触式のセンサによって素早い開閉においても遅れのない高い精度のセンシングが可能になりました。
aD5のハイハットコントロール・アルゴリズムもこの新しいセンサに最適化され、より一層の表現力と正確さを獲得しました。

<シンバルをもっと自由に>
新設計のピボットによって、全方位に自然な揺れを実現しました。
全周が演奏可能なシンバルには、回転ストッパーなどのわずらわしい部品は必要なく、
アコースティックシンバルと同様にシンバルスタンドに載せるだけです。
また、エッジを叩いた時のシンバル全体のたわみや先端の厚みにもこだわり、
静音性に優れたシリコンラバーサーフェスであってもブロンズシンバルのような演奏感を追及しています。

<グルーヴを支えるキック>
演奏を支える軸となるキックには、安定感と高速な発音が必要です。
ビーターによる打撃のダンピングとセンシングを両立するための独特な緩衝構造により、ソリッドなフィールとともに高速な発音を実現しました。
18”シェルと大型のスパーによって得られる安定感や安心感の中で心地良くビートが刻めます。
また、ツインペダルを使用したハードな連打にも、安定したセンシングと演奏性を発揮します。

・掲載商品はすべて1点限りのチョイキズ特価品、中古品、アウトレット品となります。
・ご来店の方が優先となります。売り切れの際はご容赦ください。
・セール商品のご予約、お取置きは承っておりません。
・近隣の方々への配慮及び防犯上の理由により、前日から並ぶことはご遠慮ください。トラブルや事故などに関して、当社では一切責任を負いかねますので、予めご了承ください。
・通信販売は 2020年2月22日(土) 16:00 より承ります。
・掲載商品は店頭でも並行して販売を行なっております。売却時には迅速に商品情報の削除を心がけておりますが、ショッピングページの更新までにタイムラグが生じ、ご注文のタイミングによっては商品のご用意ができない場合がございます。あらかじめご了承ください。
・画像はサンプルのものもございます。実物とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【セット内容】
・Drum Sound Module : aD5 × 1
・Kick Drum 18” x 12” : aD-K18 × 1
・Snare Drum 13” x 5.5” : aD-S13 × 1
・Tom 10” x 6.5” : aD-T10 × 2
・Floor Tom 13” x 12” : aD-T13 × 1
・Hi-Hat 14” : aD-H14 × 1
・Cymbal 16” : aD-C16 × 2
・Cymbal 18” : aD-C18 × 1
・Snare Stand : ADA-SS × 1
・Tom/Cymbal Stand : ADA-TCS × 2
・Cymbal Stand : ADA-CS × 1
・Multi Purpose Clamp : ACC-MPC × 1
・トリガーケーブル × 2
・ドラムキー × 1
* 設置サイズ : 約 160 × 130 cm
* キット拡張用のトリガーケーブルが付属します。

※ハイハットスタンド、キックペダル、ドラムスローンは別売です。

【期間限定特価】 ATV aDrums artist EXPANDED SET [ADA-EXPSET]

ENTRY LOGIN

【期間限定特価】 ATV aDrums artist EXPANDED SET [ADA-EXPSET]

リースの提供する価値は、大きく分けて
「金融機能」「サービス機能」
2つに分類できます。

設備を購入する場合、通常は代金を「一括」で支払う必要があります。一方、リースは契約期間中にわたって、「毎月定額」で支払います。お客様はリースを利用することにより設備投資にかかる多額の初期費用を抑え、手元に残った資金を他の投資にまわすことが可能になります。

一般的に企業が設備を購入すると、会計・税務上の処理や、損害保険の加入、使用後の物件廃棄にいたるまで様々な事務手続きが発生します。リースを利用する事により、これらの手間のかかる管理業務をリース会社にアウトソーシングすることが出来ます。

リースは、これらの機能で、お客様の設備投資をサポートしています。「事業を拡大したい」、「新事業に取り組みたい」、「最新鋭の機器を導入したい」、「定期的に設備をリニューアルしたい」...
――様々なお客様のニーズにリースはお応えできるのです。

リースとレンタルの違い

「リースって、レンタルとどう違うの?」という質問もよく聞かれます。特定のモノを数日から数か月の短期間で使用できるレンタルに対して、リースは長期的な使用が前提。企業のニーズに応じたモノを購入し、個別の企業に最適なファイナンスプランで貸し出すため、金融取引という側面が強いことが特徴です。

リース レンタル
対象物件
お客様が選定
(あらゆる動産)
レンタル会社の
在庫の中から選定
(DVDなど不特定多数の
お客様が利用するもの)
契約期間
比較的長期
(平均5年)
短期
(時間、日、週単位etc)
物件の所有者
リース会社 レンタル会社、リース会社
物件の利用者
一つの物件を
一社が利用する
一つのモノを複数の
個人や企業が
反復して使用する
リース レンタル
対象物件 お客様が選定(あらゆる動産) レンタル会社の在庫の中から選定
(DVDなど不特定多数のお客様が利用するもの)
契約期間 比較的長期(平均5年) 短期(時間、日、週単位etc)
物件の所有者 リース会社 レンタル会社、リース会社
物件の利用者 一つの物件を一社が利用する 一つのモノを複数の個人や
企業が反復して使用する

一言で違いを説明するなら、
貸し出しする
「モノ」を主体とするのがレンタル
で、
「お客様」を主体として
モノを調達するのがリース
だと
言えるでしょう。

サプライヤーのメリット

リースは、リースを利用する企業だけでなく、モノを販売しているサプライヤーにもメリットを提供します。

リース会社の業務の流れ

これからのリース業界

リース対象物件は、パソコンやコピー機などオフィス機器から、飲食店の厨房設備、放送局の放送機器、工場の設備、ソフトウェア、不動産、航空機、船舶など、多岐にわたります。近年では、既存のリースの枠組みを超えた、新しいサービスやソリューションが求められています。進化を続けるリース業界で今注目されている分野と、芙蓉リースの取り組みをご紹介します。