●古くはSpector NSシリーズや自身の名を冠にしたSteinberger、デビッド・ゲイジと共同開発したコントラバス・ピックアップ「Realist」等、数多くの発明で業界に一石を投じたネッド・スタインバーガー氏によってデザインされたエレクトリックチェロです。

●米国 "Bass Player Magazine" で「この10年間で最も重要なトピックのひとつ」と評されたエレクトリック・アップライトベースを始め、エレクトリック弦楽器のトップメーカーとして君臨しています。 オーディエンスを前にしても納得させられるサウンド、プレイアビリティ、ルックスを常に志向しているからからこそ、NS Designは多くのアーティストに選ばれております。

●チェコの工房で製作されるNS Designの中心的ラインナップ。ブランド最大のフィロソフィーの結晶とも言えるエレクトロニクスは一切の妥協のないサウンドを提供し、そのシンプルかつスタイリッシュなルックスからは想像もできないほどの快適なプレイアビリティを誇ります。

■スペック■
●6弦エレクトリックチェロ
●カラー:Amber
●スケール:69.5cm
●ボディ:メイプル
●フィンガーボード:エボニー
●ピックアップ:Solid-body, Polar PU, Dual Mode Preamp

■付属品■
●日本総代理店正規保証書
●専用ソフトケース

★定形外郵便以外の出荷に関しまして、北海道、沖縄地方(離島含む)
代引き発送をご希望のお客様は別途お見積もりを致します。

★商品に関してのお問合せ、在庫確認等は06-6628-0088もしくは
まで連絡を下さい。
また、店鋪販売をしている関係上、在庫切れの場合もございますので予めご了承下さい。


米国 "Bass Player Magazine" で「この10年間で最も重要なトピックのひとつ」と評されたエレクトリック・アップライトベースを始め、エレクトリック弦楽器のトップメーカーとして君臨しています。 オーディエンスを前にしても納得させられるサウンド、プレイアビリティ、ルックスを常に志向しているからからこそ、NS Designは多くのアーティストに選ばれております!

【数量は多】 ★ NS DESIGN・エヌエスデザイン / CR6 Amber 6弦エレクトリックチェロ【smtb-tk】

ENTRY LOGIN

【数量は多】 ★ NS DESIGN・エヌエスデザイン / CR6 Amber 6弦エレクトリックチェロ【smtb-tk】

リースの提供する価値は、大きく分けて
「金融機能」「サービス機能」
2つに分類できます。

設備を購入する場合、通常は代金を「一括」で支払う必要があります。一方、リースは契約期間中にわたって、「毎月定額」で支払います。お客様はリースを利用することにより設備投資にかかる多額の初期費用を抑え、手元に残った資金を他の投資にまわすことが可能になります。

一般的に企業が設備を購入すると、会計・税務上の処理や、損害保険の加入、使用後の物件廃棄にいたるまで様々な事務手続きが発生します。リースを利用する事により、これらの手間のかかる管理業務をリース会社にアウトソーシングすることが出来ます。

リースは、これらの機能で、お客様の設備投資をサポートしています。「事業を拡大したい」、「新事業に取り組みたい」、「最新鋭の機器を導入したい」、「定期的に設備をリニューアルしたい」...
――様々なお客様のニーズにリースはお応えできるのです。

リースとレンタルの違い

「リースって、レンタルとどう違うの?」という質問もよく聞かれます。特定のモノを数日から数か月の短期間で使用できるレンタルに対して、リースは長期的な使用が前提。企業のニーズに応じたモノを購入し、個別の企業に最適なファイナンスプランで貸し出すため、金融取引という側面が強いことが特徴です。

リース レンタル
対象物件
お客様が選定
(あらゆる動産)
レンタル会社の
在庫の中から選定
(DVDなど不特定多数の
お客様が利用するもの)
契約期間
比較的長期
(平均5年)
短期
(時間、日、週単位etc)
物件の所有者
リース会社 レンタル会社、リース会社
物件の利用者
一つの物件を
一社が利用する
一つのモノを複数の
個人や企業が
反復して使用する
リース レンタル
対象物件 お客様が選定(あらゆる動産) レンタル会社の在庫の中から選定
(DVDなど不特定多数のお客様が利用するもの)
契約期間 比較的長期(平均5年) 短期(時間、日、週単位etc)
物件の所有者 リース会社 レンタル会社、リース会社
物件の利用者 一つの物件を一社が利用する 一つのモノを複数の個人や
企業が反復して使用する

一言で違いを説明するなら、
貸し出しする
「モノ」を主体とするのがレンタル
で、
「お客様」を主体として
モノを調達するのがリース
だと
言えるでしょう。

サプライヤーのメリット

リースは、リースを利用する企業だけでなく、モノを販売しているサプライヤーにもメリットを提供します。

リース会社の業務の流れ

これからのリース業界

リース対象物件は、パソコンやコピー機などオフィス機器から、飲食店の厨房設備、放送局の放送機器、工場の設備、ソフトウェア、不動産、航空機、船舶など、多岐にわたります。近年では、既存のリースの枠組みを超えた、新しいサービスやソリューションが求められています。進化を続けるリース業界で今注目されている分野と、芙蓉リースの取り組みをご紹介します。