▼この商品の関連商品はこちら

【キーワード】
給湯機器 / 電気温水器 / 給湯器 / 給湯機交換 / 本体のみ / 400L-499L / フルオート 【 BHP-FW46RDK1 の後継品 】

BHP-FW46SDK

商品説明
シリーズ 水道直圧給湯 フルオート 高硬度水道水・井戸水対応
仕様・
特徴
ナイアガラタフネス
460L
寒冷地仕様
標準タンク
4~6人用
ウレタンク
高速湯はり
追いだき
2温度設定
インテリジェント制御
節約サポート機能
ステンレス・クリーン自動洗浄システム
入浴剤対応
汚れガードパネル
太陽光発電利用沸き上げ
ECHONET Lite AIF認証対応
耐震クラスS対応
おまかせ小世帯
来客時満タン沸き上げ
メーカー5年保証※5年間の無償保証の提供には、ユーザー登録が必要です。
サイズ 貯湯ユニット:高さ2101×幅650×奥行730mm、
ヒートポンプユニット:高さ720×幅792×299mm
付属品リモコン・脚部カバー別売
ホーム学校向け提供教材>株式会社をつくろう!
  • 交換無料! [BHP-FW46SDK] 日立 エコキュート ナイアガラタフネス 460L 水道直圧給湯 フルオート 高硬度水道水・井戸水対応 寒冷地仕様 標準タンク リモコン・脚部カバー別売 【メーカー直送のため】

    株式会社をつくろう!〜ミスターXからの挑戦状〜

    「会社(企業)」に視点をあてた体験学習を通じて、経済や金融のしくみを“実感”できます。

    教材の目的

    この教材は、会社(企業)に視点をあてた体験学習を通じて会社の社会的な役割と責任、株式会社のしくみ、金融のしくみなどについて、関心と理解を深めることを目的としています。

    教材の構成

    社会(公民的分野)の教科書の「直接金融のしくみ」を理解しやすいよう、以下の3パートで構成しています。
    ・1時間のみ、1・2・3時間のみ、4時間のみの実施といった分割学習も可能です。

    hyoushi-D
    教授用ビデオ
    本教材のねらいと効果および授業の進め方を動画でご覧いただけます。
    再生ボタンをクリックして下さい。
    教材のねらいと効果
    chapter01導入した先生の声(6分50秒)
    再生する
    chapter02体験(活動)型教材を導入する意義と学習効果(5分6秒)
    再生する
    chapter03授業実施のポイント(6分)
    再生する
    授業の進め方
    chapter01教材の概要(3分)
    再生する
    chapter02第1の挑戦状(6分32秒)
    再生する
    chapter03第2の挑戦状(15分12秒)
    再生する
    chapter04第3の挑戦状(11分14秒)
    再生する

    期待される効果

    体験型授業1時間(50分)の学習の基本的な流れ

    お送りする教材

    上記プレゼンテーションシートのデータ版をご用意しました。パソコンを使用して、プレゼンテーションの授業を実施される場合などにご活用ください。

    教材の特徴
    生徒用ワークブック

    時間ごとに学んでほしい内容を解説、豊富なイラストやコラムなどで生徒の興味・関心を深めます。

    DVD

    生徒用ワークブックをベースとして構成し、授業の指導時に役立つ情報を豊富に掲載しています。

    DVDの流れ

    • 本時の課題提示(挑戦状)
    • アニメーションによる学習項目の解説
    • 体験学習へのアドバイス
    image_textbook_contents8_detail6
    教授用手引書
    生徒用ワークブックをベースとして構成し、授業の指導時に役立つ情報を豊富に掲載しています。
    教材の概要
    ・対象 中学生
    ・授業時間数 1~4時間程度
    サポート体制
    教材に関する疑問点、授業の進め方などについてアドバイスをいたします。
    申し込み

    ※本教材は、学校の教員の方に限り提供を行っています。その他の方への提供は行っておりません。

    ●WEBまたはFAXでお申込みいただけます。
    1【WEB の場合】
    「申込フォーム」からお申込みください。

    ※現在コロナウイルス対応のため、申込フォームからの受付を停止しています。
     お手数ですが、以下の「FAXの場合」に従ってFAXでお申込みください。

    ※申込フォームにて登録いただいたメールアドレスに、申込内容確認のためメールを送信いたします。
     届かない場合は以下の問い合わせ先にご連絡ください。

    2【FAX の場合】
    「申込用紙」をダウンロードして FAX にてお申し込みください。
    申込用紙の印刷はこちらから

    ※申込用紙が印刷できない場合やご不明な点がございましたら、下記のお問い合わせ窓口までご連絡ください。

    ●教材は、お申込みをいただいてから、一週間以内にお送りします。

    ※実施期間まで時間がある場合は、調整させていただきます。

    参加実績

    平成30年度利用校数・利用生徒数 355校35,255名

    (利用校内訳:中学校205校、高等学校123校、大学17校、その他10校)

    お問い合わせ窓口

    証券知識普及プロジェクト

    日本証券業協会 金融・証券教育支援センター
    電話/03-6665-6767  FAX/03-6665-6810