弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
メールでのご相談

信頼 cressi クレッシー スキューバダイビング スーツと補足品 ウェットスーツ cressi apnea-camouflage-7-mm:スリーグット店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一口に「会社」と言っても、「株式会社」「合同会社」など、会社の種類はさまざまです。

新たに会社を設立するときや、法人化するときは、それぞれの会社の設立に関する手続やメリット・デメリットを把握し、ベストな選択をすることが重要です。

今回は、

  • 会社の種類
  • 各種類における特徴
  • 会社設立に関する相談先

について、解説していきます。

ご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
メールでのご相談

目次

id="i-14">(4)弁護士

弁護士に、会社設立を依頼した場合の費用相場は20万円ほどですが、諸々の書類作成や設立手続の代行など、設立前から後々までトータルのサポートを受けることができます

書類作成は行政書士に、登記手続は司法書士に、といった面倒なことをせずとも、他士業と連携している弁護士なら、ワンストップでトータルに対応してくれるため、結果的に時間と手間がかからないというメリットがあります

さらに、弁護士と顧問契約を結ぶことで、法律に関するさまざまな助力を受けることができるため、将来的に会社を大きくしたいと考えている方にとっては頼れる存在となるでしょう。

(5)社会保険労務士

会社を設立し、従業員を雇う時には、社会保険・厚生年金・雇用保険などに加入しなければなりません。

社会保険労務士は、保険に関する専門家です。

さらに、会社設立に際して、助成金の申請を得意としている社会保険労務士も多いので、併せて依頼すると会社設立のコストを抑えることもできます。

まとめ

会社設立に関して、どのような選択肢があるのか、どの専門家に相談すればよいのか、具体的なイメージができたでしょうか。

新会社法の下では、「株式会社」か「合同会社」のいずれかを設立することになります。

いずれの会社形態も、メリット・デメリットがありますので、事業の内容や目的に合わせて、ベストな選択をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう悩まなくても大丈夫!『法律の専門家』がすぐに解決いたします。

あなたは、これらの問題に頭を抱えてはいませんか?

  • 契約書において、自社の権利がきちんと守られているか心配である
  • 取引先が、想定外のクレームをつけてきて、売掛金を払ってくれない
  • 従業員から残業代を請求されているが、どう対処したら良いか分からない
  • 経営によって発生する様々な問題について、気軽に相談できる弁護士がいない

どのように解決していくべきかをイメージできず、きっとお困りのことと思います。
ベリーベスト法律事務所の顧問契約なら、月3,980円〜から、『法律の専門家』によるサポートがまとめて受けられます。
リスクを早期発見・予防できるだけでなく、書類作成に時間をとられたり、余分な税金を払ったりといったことも防げるようになります。
明日からは、本当に大切な業務にだけ集中してみませんか?


SNSでもご購読できます。

カテゴリー

{lang: 'ja'}

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00